ストレートネック

ストレートネック

ストレートネックの対処法です。

なんでもサーチ > ストレートネック

ストレートネック チェック

正常な人の頚椎の生理的前湾角度は30から40度なのですが、これが30度以下しかない首の状態のことをストレートネックと言います。チェックの方法は非常に簡単です。壁に背をつけてまっすぐ立ってみてください。壁に左右のかかと、左右の肩、後頭部の3つの部分をくっつけて、あごを引いて真っ直ぐにに前を向きます。その状態で苦しくなければ問題ありません。逆にストレートネックになっている場合、後頭部が壁にくっつかない、もしくは無理やり頭を後ろへ反らさないと壁にくっつかない状態になっていると思います。
基本的に“猫背”に起因することが多いのですが、普段からうつむき姿勢になることが多い方、長時間パソコン・スマホの作業をされる方、そしてバレエや社交ダンスなどで過度の姿勢矯正をしている方などは特になりやすいので、一度チェックしてみてください。

ストレートネック 症状

ストレートネックの症状としては次のようなものがあります。頭痛、肩こり、目の疲れ、首が痛い、首が動かない、上が向きにくい、めまい、ふらつき、手の痺れ、吐き気など。ひどい場合は自律神経失調症を引き起こします。このような症状は他の病気でも出る場合がありますが、判断のポイントは上を向きにくいかどうかということになります。正確な診断は病院でレントゲンを撮ってもらい角度を測る必要があります。
パソコン、スマホなどの普及により大人だけの病気とは言えなくなっていますので、子供にこのような症状が出た場合には早期に病院を受診するようにしてください。

ストレートネック 治療

ストレートネックは生活環境や生活習慣、具体的には慢性的に同じ体勢(前かがみ)をとることが大きな原因の一つとなっていますので、一定時間おきにストレッチを行うとか、パソコンの画面を視線の高さに合わせるなどの環境整備から入って行く必要があります。次に重要なのが枕選びです。首の湾曲がちょうど適切になる高さのものを選ぶようにしましょう。専門店で最適なものを選んでもらうのも手です。もちろん猫背や体全体の歪みに起因していることが多いので、形成外科、整体、鍼などで根本的に治療していく方法が取れればベストです。
ご自身での治療方法となりますと、テニスボールを2個くっつけた状態でテープなどで固定し、後頭部の出っ張りの下にあるくぼみ部分にそのテニスボールを縦に当てて押す方法が有名です。テニスボールの硬さが一番向いているようですね。

ストレートネック トップへ戻る