老眼

老眼

老眼かな?と思ったらお読みください。

老眼 初期症状

老眼は一気になるものではなりませんので、ある日ふと初期症状に気付くということが多いようです。新聞や本などの小さい文字が近いと見えにくいのに、少し離すと見えるといったことから始まりに気付かれる方も多いのではないでしょうか。その他、特徴的な症状としては次のようなものがあります。目が疲れやすくなった。涙がしみることがある。夕方に目がかすむ。細かい作業をしているときに目のピントがなかなか合わない。薄暗い場所だと物が見えにくい。これらの症状を放置しておくと眼精疲労が悪化し、肩こりや頭痛を伴ってくる場合もあるようです。
個人差もありますがだいたい40歳前後から始まりますので、そのぐらいの年齢になられてこのような症状が出始めた場合は疑ってみる必要があります。

老眼 改善

老眼は水晶体が年齢と共に硬化してくるために、厚く出来なくなり、近くのものにピントが合わせられなくなる病気です。眼に抗酸化物質などの栄養分を補給し水晶体の厚みをコントロールしている毛様体筋付近の血流を良くすると、水晶体の厚みコントロール作用が活性化して水晶体を運動させるので水晶体の弾力性が回復することに期待ができます。
その他、ツボの指圧や、遠くと近くを見比べる遠近体操法と呼ばれる方法なども紹介されています。いずれの方法でも、水晶体周辺の血行をよくして水晶体の新陳代謝をよくすること、毛様体筋を活性化させることで硬くなった水晶体の弾性を回復させることがポイントになります。ただし、完全に元に戻るということはないと思いますので、早めに老眼鏡を使用してストレスを取り除くことも重要です。

老眼 検査

思い当たる節があったら早めに眼科で検査をされた方がよいようです。普段、眼科へはなかなか行かないと思うので、老眼以外の隠れた病気が発見できたりするようですね。もちろん保険の適用が可能です。
ただし、実際に老眼鏡を作られる場合には、眼鏡屋さんで再度検査してもらい単に数値によるものではなく、実際の見え方に従ってレンズの度を決定されることをおすすめします。眼科での検査による数値が、一番ストレスのない度数のレンズとは必ずしも一致する訳ではないからです。

老眼 トップへ戻る